2010年04月29日

2010年4月29日:干潟の生き物観察会を行いました。

この日は、東京港野鳥公園で

東京港グリーンボランティア主催の観察会、

「干潟の生き物観察会」が行われました。

強風という思わぬ敵?に見舞われましたが

参加者は、ここ数年で最多(!)の35名に達しました。


視聴覚室でオリエンテーションを行った後で

さっそく前浜干潟へ向かいました。

前浜干潟で軽く説明をしたあとで
※画像はクリックすると大きくなります。
P4290091.JPG



楽しい干潟の時間のスタート!!!

いろいろな生き物を観察できました。
※画像はクリックすると大きくなります。
P4290104.JPG



普段はそんなに見かけることの多くない

テッポウエビも見ることができました。

これは、シオフキガイ サビシラトリガイ
貝からはみ出した水管をしっかり撮ることができました。
ここ数年間、東京港野鳥公園では見ることのできなかった貝なだけに
ちょっとビックリでした。
※画像はクリックすると大きくなります。
P4290105.JPG

また、普段より大きなソトオリガイやイソガニ、

それに砂地ではコメツキガニも見つけることができました。


少しにわか雨に見舞われることもありましたが

無事に観察会を終えることができました!


※東京港野鳥公園の前浜干潟は自然保護区であるため
 魚貝類の採集はもちろん侵入すら禁止されています。

 
posted by 東京港グリーンボランティア at 23:30| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 2010年干潟活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
写真の貝はシオフキガイではなくサビシラトリではないでしょうか。足ではなく水管が出ているのだと思います。
サビシラトリがいるんだとすると、なかなか良い環境ですね。
Posted by magokorogai at 2010年05月07日 18:32
> magokorogaiさん
コメントありがとうございます!
ウチのボランティアにも再度確認をとってみましたが、サビシラトリガイとのことでした。

干潟の世界も、同じように見えて日々住む生き物たちが変わっていくことを再認識しました。

Posted by 東京港グリーンボランティア at 2010年05月09日 20:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック