2016年05月07日

【2016年5月7日】春の干潟観察会を行いました!

2016年5月7日、東京港野鳥公園で春の干潟観察会を行いました。
今回参加していただいた方は、28名(!)でした。
天気もよく、まさに観察会日和という感じの日でした。

普段でしたら、観察会のスタートはネイチャーセンターとなるところですが、
今回は芝生広場からスタートしました。
P5070526.JPG

はじめは、砂地や泥がドロドロしている場所から観察をスタートしました。
干潟に出ると、カニたちや干潟の生き物探しに奔走しました。
こんなに大きなカニ(アシハラガニ)をつかんだ参加者もいました。
P5070531.JPG

そして、干潟を掘ると、ニホンスナモグリという生き物も出てきました。
透明な体がキレイですね。
ニホンスナモグリは、干潟のいたるところに穴を掘っているんです。
こんなに小さな体をしているのに、すごいですね★
P5070534.JPG

そして、ホンビノスガイも見つけることができました。
小さい貝も大きい貝も、どちらもホンビノスガイです。
小さな貝が、大きな貝に成長するのです。
ちょっと信じられないかもですが、そうなんです!
P5070542.JPG


そして、場所を変えて石がゴロゴロしている場所の観察もしました。
ひっくり返すと、カニや貝だけでなく、魚もいました。
こちらは、トサカギンポという魚です。
魚は、水の中だけにいるのではないのですね。
P5070548.JPG
(ちなみに、トサカギンポは噛むのでご注意ください)

そして観察会の最後には、記念撮影もしました。
P5070556.JPG

今回は、いつもは観察できる貝が観察できなかった半面、
いつもはあまり観察できない魚たちも数多くみることができました。

来年は、また違った生き物が観察できるかもしれませんので、
こうご期待ください♪
posted by 東京港グリーンボランティア at 22:55| 東京 ☀| Comment(0) | 2016年干潟活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。