2013年08月12日

【2013年8月11日】東京港野鳥公園の田んぼの生育状況

みなさまごぶさたしております。
気がついたら盛夏も盛夏、超盛夏っていう感じですね。

東京港野鳥公園の稲の生育状況を久しぶりにお知らせします。

2013年6月2日に植えた苗は、連日の日照り及び水不足にも関わらず
順調に成長しています。

それでは稲の成長記録をご覧ください(^-^)/

まずは、2013年6月2日田植え後の田んぼです。
今年も子供たちは上手に田植えしました。

20130811_01.jpg


2013年6月23日、田植え3週間後の田んぼです。
だいぶん畝が濃くなりました。

20130811_02.jpg


2013年6月30日、田植え4週間後の田んぼです。

20130811_03.jpg


2013年7月14日、田植え6週間後の田んぼです。
畝が太くなり、水面が見えなくなってきました。

20130811_04.jpg


2013年7月28日、田植え8週間後の田んぼです。
稲の分けつはしっかり進み、畝がほとんど分からなくなりました。

20130811_05.jpg


そして本日。2013年8月11日、田植え8週間後の田んぼです。
すっかり背丈も伸びています。あと1〜2週間で出穂しそうです。
今年の稲は全体的に順調で、豊作の予感がします。(^−^)/

20130811_06.jpg


畑に目を移してみると、今年もヒマワリにたくさんのカワラヒワがやって来ていました。
写真は、カワラヒワが食べた後のヒマワリです。
カワラヒワは、とても上手にヒマワリの殻をむいて食べるのです☆

20130811_07.jpg


雑木林には、セミとカナブンがたくさんいました。
コナラの大木には、珍しい昆虫がいました。
じゃん!!!

20130811_08.jpg

おそらく、キリギリスの仲間のヤブキリのメスと思われます。
卵管が長いことから、メスと判断しました〜。
キリギリスに似ていますね(^-^)/

東京港野鳥公園には、都会では多く見ることができない
珍しい昆虫がたくさんいます。

ぜひ東京港野鳥公園に遊びに来てください!!

posted by 東京港グリーンボランティア at 00:03| 東京 ☀| Comment(0) | 2013年里山情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

【2013年5月12日】2013年度の田んぼクラブ(第2回目)を行いました!

この日は田んぼクラブの第2回目、「田んぼクラブA〜田起こし〜」が行われました。

春の強風が吹き荒れる中、参加者(親子込み)51名、レンジャー2名、
快晴の五月晴れの下、行事参加親子約50名とレンジャー2名、埠頭株式会社3名、
ボランティア6名で行われました。

※この行事は全7回の通年会員制行事です。例年と同じように
 今年も種まきから脱穀までお米(もち米)作りを体験していきます。

まずは、4月14日に種を蒔き、3週間経過した苗代の様子をおさらいしておきましょう。

今年は例年以上に寒い日が続いたため、生育は少し遅れ気味です。
しかし、苗そのものは順調に育っているようです。
苗は約5pになりました。(^-^)/

20130512_01 .jpg


午前と午後の約1時間、昔ながらの備中鍬を用いて田んぼを耕しました。
この日は最高気温が約28度と少し蒸し暑かったのですが、
熱中症にならないように十分休憩や水分補給を行いました。

参加者の皆さんの頑張りもあり、
午後2時過ぎには、ほぼ田起こしは完了しました。(^-^)/

20130512_02.jpg


田起こしの後に、苗の成長に併せて苗代も堰堤の高さを変えました。
高さを変える時に使ったのは煉瓦!
現況苗代の地盤高さを「-2p」から「+2p」にかさ上げしました
(高さで言うと4cmのかさ上げした、という事になります)。

20130512_03.jpg


写真は水張りが完了し、水苗代となった田んぼです。
最初の写真と見比べてください。
苗が水に浸かっているのがよーくわかります。

20130512_04.jpg

これから、6月2日の田植えまで、
苗が成長するのが楽しみです。(^-^)/

posted by 東京港グリーンボランティア at 21:55| 東京 ☁| Comment(0) | 2013年里山情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月29日

【2013年4月28日】東京港野鳥公園里山だより

2013年4月20日から、東京港野鳥公園に迷鳥「ミヤマシシド」が現れています。
この日も今日も公園内はカメラマンがごった返していました。

一方、東京港野鳥公園の里山は、
ミヤマシトドブームでフィーバーする一部のエリアとは一線を画した
雰囲気を醸し出しています。
ポカポカとした陽気に誘われて花々が咲き乱れ、のんびりとした雰囲気でした。

まずは初めに、稲の苗をまいてから2週間が過ぎた苗代です(種は4月14日に蒔いています)。
20130428_01 .jpg


苗代の中をのぞくと、小さな芽がビッシリと生えていました。
20130428_02.jpg


一粒つまんで稲の成長を見てみると、芽は約1.5p、根は5p程度でした。
芽の長さに対して、想像していた以上に根が長かったので、
ちょっとビックリでした(^-^)/
20130428_03.jpg


最近は、暖かい日と寒い日が交互にあり、発芽してくれるかどうかが心配でした。
若干遅れているものの、なんとか順調に発芽しているようでほっとひと安心です。
来週はもっと伸びてることでしょう☆


苗代の横の田んぼでは、今年もレンゲが満開です。
20130428_04.jpg

レンゲには、今年もミツバチとクマバチ(どちらもおとなしい蜂です)がたくさん来ていました。
写真はクマバチがレンゲの蜜を吸う写真です♪
20130428_05.jpg


2013年のレンゲは昨年より綺麗で、5月の連休まで花は持ちそうです。
ぜひ、東京港野鳥公園に遊びに来てください(^-^)/
posted by 東京港グリーンボランティア at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | 2013年里山情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月14日

【2013年4月14日】2013年度の田んぼクラブ(第1回目)を行いました!

東京港野鳥公園の恒例行事「田んぼクラブ」が始まりました!
今年も元気に田んぼクラブの様子をレポートしてきたいと思いますので
ご声援、よろしくお願いします☆

この日は田んぼクラブの第1回目でした。
題して、「田んぼクラブ@期待を込めて〜種まき〜」!

春の強風が吹き荒れる中、参加者(親子込み)51名、レンジャー2名、
埠頭株式会社のスタッフ2名、そして東京港グリーンボランティアのスタッフ10名(!)で
行事を行いました。

※この行事は全7回の通年会員制行事です。例年と同じように
 今年も種まきから脱穀までお米(もち米)作りを体験していきます。

最初に学習センターでオリエンテェーションを行ったいました。
その後、参加者は田んぼの苗代へと向かいました。

田んぼでは、親子で昆虫などの生き物を観察した後で、種まきが行われました。
苗床は、前日レンジャーとグリーンボランティアが作りました。

20130414_01.jpg


苗代は、保温折衷苗代です。

20130414_02.jpg


まずは、親子で仲良く種まきです♪

20130414_03.jpg


種まきの後は、畑土で表面を覆います。
そして、木ごてで土を平たんにならします。

20130414_04.jpg


仕上げに、防虫と保温を兼ねて「くん炭」を蒔きます。

20130414_05.jpg


水を蒔いた後、防鳥ネットを張ります。

20130414_06.jpg


最後に小川より水を引き込み、水位を苗代より1〜2cmだけ調節し、
作業を完成させました。

写真のとおり、水位等立派な出来栄えです(ちなみに奥にはレンゲの花が見えます)。
昨年、一昨年と苗はいまいちの出来でしたが、
今年は立派な苗が出来ることでしょう(^-^)/

20130414_07.jpg
posted by 東京港グリーンボランティア at 23:00| 東京 ☁| Comment(0) | 2013年里山情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月17日

【2013年3月17日】「クズですてきなカゴを作ろう」を開催しました。

この日は、春の快晴の空の下で「クズですてきなカゴを作ろう」を開催しました。
行事は、24名(ボランティアスタッフは7名)で行われました。

「クズですてきなカゴを作ろう」は、
東京港野鳥公園にはびこる悪名高きクズを退治し(環境管理体験)、
採ったクズでカゴを編む、という一石二鳥の行事です(^-^)/

当日のスケジュールは、こんな感じでした。
20130317_01.jpg

自然学習センターでオリエンテェーションを行った後、
東京港野鳥公園の東縁と西園をつないでいる「いそしぎ橋」の東側にある自然保護区で、
4つのグループに分かれてクズ取りを行いました。

20130317_02.jpg


東京港野鳥公園は1989年の開園以来、
木に覆いかぶさるクズとの戦いを続けてきました。

開園25年目を迎えた今では、
クズ退治等環境管理の成果と、樹木が大きく育ち日陰となったことにより、
ほぼクズを退治しつくしている状態となっています。

そのため、幸か不幸か今では行事に使うクズを採ることが
難しくなっています。
今回は、クズを集めるグループを4つに分けたことにより、
残り少なくなったクズを効果的に収穫することができました(^-^)/

採ったクズは、リヤカーに入れて自然学習センターまで運びます。
クズを採った場所から自然学習センターまでは、
片道1.5kmほどあります。
東京港野鳥公園、実は結構広いんですよ!

20130317_03.jpg



いそしぎ橋の前で、採ったクズを片手に全員で記念撮影♪
皆さんクズを片手にニコニコ顔です☆
おなかぺこぺこのガス欠状態で、自然学習センターに戻りました〜。
20130317_04.jpg


昼ご飯を食べてエネルギーを充填したあとに、カゴ作りを始めました。
まずはじめに、自然学習センター前の芝生広場で、
ボランティアスタッフが、かごの作り方の説明と編み方の模範を示しました。
行事の参加者は、真剣に見つめていました。
20130317_05.jpg


模範演技をみたあとで、参加者もオリジナルのかごを作り始めました。
芝生広場では、親子でカゴ作りです。

20130317_06.jpg


自然学習センターの石畳では、お爺ちゃんとお孫さんがカゴ作りです。

20130317_07.jpg


参加者の傑作品をひとつだけご紹介!
今年も素晴らしい作品がたくさん出来ました(*^。^*)

20130317_08.jpg


出来上がったカゴを抱えて参加者とボランティアスタッフとで記念撮影です。
皆さんなかなかの出来栄えに満足そうです(^-^)/

20130317_09.jpg

最後に行事アンケート記入し、自然学習センターを全員で掃除した後で、
参加者はカゴを片手に帰宅の途につきました 。
posted by 東京港グリーンボランティア at 23:00| 東京 ☁| Comment(0) | 2013年里山情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする