2013年04月27日

【2013年4月27日】春の干潟観察会を開催しました!

この日は、春の大潮。
東京港野鳥公園の前浜干潟もよく引きました。

春の干潟観察会は、そんな中で開催されました!
参加者17名、グリーンボランティアのスタッフは7名でした。

春の大潮ということもあり、前浜干潟では
普段ではなかなか姿を見せてくれない生き物たちを
観察することができました。

まずは、コメツキガニの巣穴観察から。
巣穴を掘ると、コメツキガニがたくさん出てきました。
参加者の皆さんは、じーっと観察していました。
P4270739.JPG

こちらはマメコブシガニ。
前回の干潟勉強会でも観察できましたが、
この日は波打ち際を前にエイサコラサと歩いている所を
観察することができました!
P4270745.JPG

そして、アナジャコ。
普段は深い穴の中に住んでいますが、この日はなぜか干潟に姿を
現していました。
P4270746.JPG

そして、アナジャコの巣穴からは地味なヒラムシの仲間が出てきました。
参加者の皆さんは、「ヒラムシって名前がついてるのに虫じゃないんだね〜」と
不思議に感じていました。
P4270749.JPG

この日のメインディッシュ、じゃなくて目玉がチチュウカイミドリガニでした!!!
しかも、排卵間近。たくさんの卵を抱えていました〜。

外来種のチチュウカイミドリガニは、ガザミの仲間。
ガザミは一番後ろの足がヒレのようになっていますが、
チチュウカイミドリガニは足がヒレにはなっていません。
P4270752.JPG

そして、「カキの浄化実験」もしてみました。
右側には干潟のカキを入れてみました。どっちも同じような濁り具合です。
P4270733.JPG

90分たったあとで見てみると、あら不思議。
右側の水槽(カキ入り)がとってもキレイになっています。
P4270760.JPG

これは、簡単にいえば「水槽の中に入れておいたカキが濁りを取った」という
事になります。カキはカキで、干潟にヨイことをしてくれているのです☆

そんな風に、干潟の不思議と魅力をいろいろ感じていると
いつの間に観察会の終了時間がやってきてしまいました。

参加者の皆さんは、多少後ろ髪引かれる思いで前浜干潟をあとにしました。
これからも東京港野鳥公園では干潟の観察会をいくつか行いますので、
ぜひぜひまた遊びに来てくださいね☆


posted by 東京港グリーンボランティア at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | 2013年干潟活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月22日

春の干潟観察会、参加者募集!


ゴールデンウィークのスタートに、
東京港野鳥公園の干潟で自然観察をするなんてどうでしょうか?

東京港野鳥公園では、4月27日(土曜日)の10:30から、
春の干潟観察会の開催します!!!
ただいま、参加者を絶賛募集中です!!!
(※ 2013年4月19日現在、まだまだ参加者に余裕がある状況です)

参加してみたい!という方は
東京港野鳥公園の管理事務所(03-3799-5031)まで
問い合わせてください♪

なお、
月曜日は休園日(月曜が祝日の場合は除く)、
電話受付は 9:00〜17:00までとなっています(それ以外は留守電対応もありません)ので
ご注意ください。


今年は温かくなったり、寒くなったりと
なかなかめまぐるしい気温の変動を見せています。

そんな中でも、干潟の生き物たちは活動を始めています
(下の画像は、2013年4月13日に調査した時の生き物たちの姿です)。

P4130701.JPG

P4130715.JPG


観察会本番では、もっと多くの生き物たちと会う事ができると思います。
皆さまのご参加をお待ちしています!!!

posted by 東京港グリーンボランティア at 00:34| 東京 ☁| Comment(0) | 2013年干潟活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする