2014年02月01日

来週は潮ぐるの日です。皆さん参加してください。

鷹やカモに会いましょう。
posted by 東京港グリーンボランティア at 13:24| 東京 ☀| Comment(0) | 潮入りぐるっと観察会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月13日

2011年8月度の潮入ぐるっと観察会

8月14日(日)はお盆の真っただ中!

そんな中ですが、東京港野鳥公園では

毎月第二日曜日の恒例行事、

潮入ぐるっと観察会をいつもどおりに開催します!


当日は、暑さに負けない渡り鳥のシギやチドリたちの仲間たちや

干潟に生きるカニたちの姿や昆虫たちの姿を見ることが

できるかもしれません!


8月14日(日)の12時45分から、

東京港野鳥公園のネイチャーセンター2Fで受付を行います。

事前受付は不要ですので、みなさまぜひぜひ顔を出してみてください☆



P7311399.JPG
posted by 東京港グリーンボランティア at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | 潮入りぐるっと観察会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

【レポート】2010年10月:潮入りぐるっと観察会(6)

2010101014160000.jpg

2010101015190000.jpg


前浜干潟から離れても、カニたちをたくさん見ることができました。指が赤いのはクシテガニと思われます。

そして、観察会の最後にまとめです。それぞれ印象に残ったことを発表します。

皆さんの発表は壁新聞としてまとめられています。

東京港野鳥公園のネイチャーセンターに貼ってあるので、ぜひ見に来てください♪
posted by 東京港グリーンボランティア at 15:19| 東京 ☁| Comment(0) | 潮入りぐるっと観察会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レポート】2010年10月:潮入りぐるっと観察会(5)

2010101013550000.jpg


こちらも東京港野鳥公園の前浜干潟の様子です。

シーズンは終わりに近づいてますが、カニたちがまだ活躍してます。

コメツキガニというカニの巣の観察をします。
posted by 東京港グリーンボランティア at 13:55| 東京 ☁| Comment(0) | 潮入りぐるっと観察会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レポート】2010年10月:潮入りぐるっと観察会(4)

2010101013460000.jpg


東京港野鳥公園内の自然保護区、前浜干潟にでました。

渡り鳥のソリハシシギも観察できました。

どんな鳥なのか、みんな興味津々です☆
posted by 東京港グリーンボランティア at 13:46| 東京 ☁| Comment(0) | 潮入りぐるっと観察会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レポート】2010年10月:潮入りぐるっと観察会(3)

2010101013250000.jpg


いよいよ観察会本番です。

まずはドングリ観察。

もちろん、ほかの木の実の観察も外しません。ナワシログミなどいろいろです。
posted by 東京港グリーンボランティア at 13:30| 東京 ☁| Comment(0) | 潮入りぐるっと観察会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レポート】2010年10月:潮入りぐるっと観察会(2)

2010101010260000.jpg2010101011340000.jpg


下見のヒトコマ。

雨の後だったからでしょうか、クシテガニが物陰から顔を出してました。

ちょっと小さい画像なのですが、ハサミ全体が赤っぽくなっているところから

判断する限り、クシテガニかと思われます。

また、クモも巣を作っていました。
posted by 東京港グリーンボランティア at 10:40| 東京 ☁| Comment(0) | 潮入りぐるっと観察会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レポート】2010年10月:潮入りぐるっと観察会(1)

2010101010090000.jpg2010101010250000.jpg
この日は、潮入りの池を回って海岸にも出る「潮入りぐるっと観察会」の日です。

朝のうちに下見をします。

今日は美大の学生さんたちがゴミを拾って何か作るそうです。

雨も上がってよかったよかった☆
posted by 東京港グリーンボランティア at 10:23| 東京 ☁| Comment(0) | 潮入りぐるっと観察会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

2006年7月の潮入りぐるっと観察会

この日は、毎月定例の観察会、『潮入りぐるっと観察会』が
行われました。

天気があいにくの雨模様だったこともあり、人数は少し少なめでしたが、
いつも以上に和気あいあいとした観察会になりました。

雨上がりということもあり、草木の緑(新緑の時期からはだいぶ経ちましたが…)も
いっそう映える色となっていました(#^.^#)

また、雨上がりには陸地に住んでいるカニたちが元気になります。
道端で「ゴソッ」と音がして、その周りを見てみると…。

カクベンケイガニというカニが、わっさわっさといるのです(*^_^*)

観察会の人数が多いと、カニたちも姿を現すことはあまりないのですが、
今回は少なかったので、カニたちの警戒心?!も緩んだのかもしれません。

またこの日は、前浜干潟で、野鳥公園で初記録となる『コゴメバオトギリ』という
花も観察することができました(*^^)v
これにはスタッフ一同、ビックリでした。

次回の潮入りぐるっと観察会の予定;
開催日時:8月13日(日)の13:00〜15:30まで
参加人数:40名(先着順)
受付:12:45より、東京港野鳥公園ネイチャーセンター2Fにて。
注意:暑い時期なので、飲み物は必ず持ってきて下さい。
岩がゴロゴロしている磯も少しだけ歩くので、できれば長ズボンで来て下さい。
また、サンダルやヒールなど、肌が露出しているものは危険ですので、できるだけ避けて下さい。

※写真については、のちほど掲載いたします m(__)m
posted by 東京港グリーンボランティア at 23:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 潮入りぐるっと観察会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

春まっさかりの潮ぐる

この日は、東京港野鳥公園のサンクチュアリ(自然保護区)を
観察する、月に一度の観察会、「潮入りぐるっと観察会(以下潮ぐる)」の
日でした。

この日の「潮ぐる」の参加者は37名でした。
午前中は少々強かった風も、観察会のときには弱まってくれました。
陽だまりの中をの〜んびり歩くことができました(*^_^*)

★春まっさかりの植物たち
この日のサンクチュアリは、春の雰囲気に満ちあふれていました。

カジイチゴ」の白い花や、「ヤマブキ」の黄色い花、

それにまだ咲いている「サクラ」のピンクの花などなど。

写真は、ヤマブキ(黄色)とサクラ(ピンク色)です。
※写真は、クリックすると大きくなります。
P4090209.JPG

また、足元に目を移すと、普段から何気なく生えている草たちも
けなげに花をつけていました。

小さな青い花をつけている「オオイヌノフグリ」や、
ピンクの花をつけている「ヒメオドリコソウ」、
それに紫色の花の「ムラサキケマン」などなど、
普段は見過ごしてしまいそうな花もたくさん見ることができました。

書き出したら、筆が止まらなくなってしまうくらいの植物たちで
あふれていました。


★干潟にも春は訪れる
樹林地だけではなく、干潟でも春を感じることができました。

磯場の小石をひっくり返すと、
ヨコエビという小さなエビの仲間がピョンピョン飛び跳ねていたり、
ケフサイソガニ」が小石に隠れているシーンを間近に観察できました。

そして干潟では、
巣穴を掘って暮らしている「コメツキガニ」を観察することができました。
1センチくらいの大きさしかない子供のカニだったのですが、
きっとこれからすくすくと育ってくれるはずです。

※写真はクリックすると大きくなります。
P4090218.JPG


★カモたちは見納め
前浜干潟では、数百羽の「スズガモ」の群れを見ることができました。
スズガモは冬になると北の国から日本にやってくるカモの仲間です。
多分あと数週間もすると北の国へと帰っていくはずです。
今年の冬も元気な姿を見たいものです♪
写真は、そんなスズガモたちです。
※写真はクリックすると大きくなります。
P4090219.JPG


そして、東淡水池では、やはり冬になると来たの国からやってくる
「コガモ」、「ハシビロガモ」、「キンクロハジロ」、「ホシハジロ」と
いったカモの仲間たちを観察することができました。
写真は、東淡水池で休んでいるカモたちです(キンクロハジロが多いかな?)
※写真はクリックすると大きくなります。
P4090216.JPG


★ようこそコチドリ
行く鳥もあれば来る鳥もいます。
潮入りの池には、「コチドリ」というチドリの仲間が
南の国からやってきました(^^♪

これから夏場にかけて潮入りの池で、チョコチョコ歩いている姿を
見ることができると思います。

数週間後には、シギの仲間やチドリの仲間という「旅鳥」が
もっともっと現れます。ここ1ヶ月ほどの東京港野鳥公園は要チェックです!


次回の潮ぐるは、5月13日&14日に開催される
東京バードフェスティバル内で行われます。
この情報は、ブログでも随時お伝えしていきます!

※この日の潮ぐるの模様は、NHKで夕方18時10分〜19時まで放送されている「首都圏ネットワーク」でも『ちょこっとだけ』放送されました!(^^)!
posted by 東京港グリーンボランティア at 20:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 潮入りぐるっと観察会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

2006年2月の潮入りぐるっと観察会

2月12日は、東京港野鳥公園で開催される月に1度の観察会、「潮入りぐるっと観察会」の日です。

潮入りぐるっと観察会では普段は入ることのできない東京港野鳥公園の「自然保護区」を観察することができます。


*受付:12時45分から、ネイチャーセンター2Fで行います。
*観察会の時間:13時から15時30分まで。先着40名の定員制です。
*持ち物:あれば双眼鏡を持ってきて頂くといいかもしれません(公園でも数に限りはありますが、無料貸出をしています)
*持ってきてほしいもの:できればスニーカー等を履いてきてもらえばと思います。浜辺に出るので、寒さをしのげる格好で来てください!


この時期の自然保護区では、こんなモノが見られると思います。

続きを読む
posted by 東京港グリーンボランティア at 15:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 潮入りぐるっと観察会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

11月の潮入りぐるっと観察会

11月13日は、東京港野鳥公園で開催される月に一度の観察会、「潮入りぐるっと観察会」の日です。

潮入りぐるっと観察会では普段は入ることのできない東京港野鳥公園の「自然保護区」を観察することができます。


*受付:12時45分から、ネイチャーセンター2Fで行います。
*観察会の時間:13時から15時30分まで。先着40名の定員制です。
*持ち物:あれば双眼鏡を持ってきて頂くといいかもしれません(公園でも数に限りはありますが、無料貸出をしています)
*持ってきてほしいもの:できればスニーカー等を履いてきてもらえばと思います。また、歩いて汗をかくばむかもしれないので、脱ぎやすい上着を着てくると便利かもしれません。


この時期の自然保護区では、こんなモノが見られると思います。続きを読む
posted by 東京港グリーンボランティア at 13:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 潮入りぐるっと観察会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月04日

10月の潮入りぐるっと観察会

10月9日は、東京港野鳥公園で開催される月に一度の観察会、「潮入りぐるっと観察会」の日です。

潮入りぐるっと観察会では普段は入ることのできない東京港野鳥公園の「自然保護区」を観察することができます。


*受付:12時45分から、ネイチャーセンター2Fで行います。
*観察会の時間:13時から15時30分まで。先着40名の定員制です。
*持ち物:帽子と冷たい飲み物は是非持ってきてください(まだまだ暑いと思うので)。
*持ってきてほしいもの:できればスニーカー等を履いてきてもらえばと思います。
(サンダルでも参加できますが、岩のゴロゴロした干潟を歩くのであまりオススメはしません)
カはだいぶ少なくなりましたが、長袖を着てこられる事をオススメします。


この時期の自然保護区では、こんなモノが見られると思います。
続きを読む
posted by 東京港グリーンボランティア at 12:49| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 潮入りぐるっと観察会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

9月の潮入りぐるっと観察会

9月11日は、東京港野鳥公園で月に一度の観察会、「潮入りぐるっと観察会」の日です。

潮入りぐるっと観察会では普段は入ることのできない東京港野鳥公園の「自然保護区」を観察することができます。


*受付:12時45分から、ネイチャーセンター2Fで行います。
*観察会の時間:13時から15時30分まで。先着40名の定員制です。
*持ち物:帽子と冷たい飲み物は是非持ってきてください(まだまだ暑いと思うので)。
*持ってきてほしいもの:できればスニーカー等を履いてきてもらえばと思います。
(サンダルでも参加できますが、岩のゴロゴロした干潟を歩くのであまりオススメはしません)


この時期の自然保護区では、こんなモノが見られると思います。
続きを読む
posted by 東京港グリーンボランティア at 16:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 潮入りぐるっと観察会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

8月の潮入りぐるっと観察会

8月14日は、東京港野鳥公園で、月に一度の観察会「潮入りぐるっと観察会」の日です。

この観察会では普段は入ることのできない東京港野鳥公園の「自然保護区」を観察できます。

*受付:12時45分から、ネイチャーセンター2Fで行います。
*観察会の時間:13時から15時30分まで。先着40名の定員制です。
*持ち物:帽子と冷たい飲み物は是非持ってきてください(炎天下の中を歩くので)。


なお、サンダルでも参加できますが、岩のゴロゴロした干潟を歩くのであまりオススメしません。できればスニーカー等を履いてきてもらえばと思います。そうすれば、もっと楽しい観察会になると思います。


この時期の自然保護区では、こんなモノが見られると思います。

続きを読む
posted by 東京港グリーンボランティア at 13:03| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 潮入りぐるっと観察会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月15日

カニだらけの?潮ぐる

6月12日(日)は、毎月恒例の自然観察会「潮入りぐるっと観察会」が行われました。
参加者は20名ほどと、ほどよいでした。

この日は、昆虫や干潟の生き物たちをたくさん観察することができました。

特に干潟には、色々な生き物がいました。
岩のかげに隠れているケフサイソガニ、砂浜で「砂だんご」を作るコメツキガニ、干潟の中に埋もれているマメコブシガニなどに、参加者のみなさんの目は釘付けでした。
マメコブシガニは、普段は砂の中にもぐっていることもあり、潮ぐるでちょくちょく見れるということはないカニです。捕まえると「死んだふり」をするので、捕まえた参加者の方も「このカニ死んでるの?」と言っていました。この方は、マメコブシガニに一本とられたことになります(笑)

また、アサリにちょっとだけ似ているシオフキガイや、陸地に取り残されたミズクラゲを
見つけるなど、活発そのものでした。その様子を写真におさめることができなかったのが残念です…。

そして、普段はあまりカニを見かけることのない樹林地でもカニを発見しました。「アカテガニ」と「クシテガニ」というカニです。カニといっても、水の中に住んでいるものだけではなく、「アカテガニ」や「クシテガニ」のように、陸地が好きなカニもいます。観察会でも、見過ごしがちなカニなだけに、見れた人はラッキーだったと言えます。次回も現れてくれることを祈ります!

ちなみに、「ケフサイソガニ」は岩がゴツゴツしたところ、「コメツキガニ」は砂地を好む傾向があります。

続きを読む
posted by 東京港グリーンボランティア at 01:25| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 潮入りぐるっと観察会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月09日

みどころがたくさんあった潮ぐる

5月8日(日)、グリーンボランティア主催の定例観察会「潮入りぐるっと観察会」が開催されました。花粉症のピークも過ぎ、花のにおいも心置きなくかげるようになったいい気候の下での観察会となりました。

野鳥は、渡り鳥の「シギ」や「チドリ」の仲間や、夏鳥の「コアジサシ」などがいました。

「シギ」や「チドリ」が、干潟でウロウロしているシーンを見ることができました。一見派手な色合いをしている「シギ」や「チドリ」の仲間も、干潟の岩陰に入ると『意外と見つけにくい(“保護色”というものは、地味なものだけではない)』という新たな発見もありました。

「コアジサシ」がエサ(魚)を捕るために上空から水面に飛び込む姿など、なかなか面白いシーンなどを観察できました。これからの季節、「コアジサシ」は観察会でよく見ることができるはずなので、お楽しみに!

植物も、いつもどおり多くのものを見ることができました。もう少したつと実が食べごろになる「カジイチゴ」や、干潟の浜辺に生える寄生植物「ヤセウツボ」などなど、あげればキリがないほど観察することができました。写真は、マメ科の植物「カラスノエンドウ」に寄生していたヤセウツボです。
20050508_02.JPG

そして干潟です。
コメツキガニというカニが作る「砂だんご」を観察しました。砂だんごは、コメツキガニの食べかすなのです。コメツキガニは砂の中にある有機物を食べます。砂から有機物をこし取った食べかす、それが「砂だんご」なのです!こんな写真のような「砂だんご」を観察することができました!
20050508_01.JPG


というように見所満載だった潮ぐる。本来は月1回の開催です。
しかし、今年の5月は「潮入りぐるっと観察会スペシャル」という名前で、

もう2回開催されます。


開催日は5月14日(土;13:30〜15:30)と、5月15日(日;14:00〜16:00)の計2回です。いずれも東京バードフェスティバルの期間中です。この日は通常の潮ぐると違って、午前10時から配布される整理券がないと潮ぐるに参加することはできませんのでご注意ください。その他のイベント情報などは、東京バードフェスティバルのホームページをご覧下さい。

posted by 東京港グリーンボランティア at 01:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 潮入りぐるっと観察会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月06日

潮入りぐるっと観察会のごあんない

ゴールデンウィークの最後は、東京港野鳥公園で自然を感じるなんていうのはいかがでしょう?

5月8日(日)の午後から、東京港グリーンボランティアの案内で、普段は立ち入り禁止となっているサンクチュアリ(保護区)内の生き物や植物を観察する『潮入りぐるっと観察会』が開催されます。

この時期は、1年の中でサンクチュアリがもっともにぎやかな時期でもあります。この時期に日本を通過する渡り鳥「シギ」や「チドリ」はもちろんのこと、海辺ではカニが元気に活動をしだします。そして、植物もいたるところで花を咲かせています。

陽気もよく、まさしく「観察びより」です!!


ぜひ、ご近所お誘いあわせの上、東京港野鳥公園へ足を運んでみませんか?

受付は、8日の12時45分より、ネイチャーセンター2階の視聴覚室前で行います。定員は40名、先着順となりますので、ご注意ください。
posted by 東京港グリーンボランティア at 18:09| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 潮入りぐるっと観察会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月07日

4月の潮入りぐるっと観察会

桜の花も満開が近づいていますが、東京港野鳥公園も春真っ盛りとなりつつあります。

4月10日(日)には、グリーンボランティア主催の観察会である、潮入りぐるっと観察会が開催されます。普段は入ることのできない東京港野鳥公園内の自然保護区内をじっくりとまわる観察会です。

今月の見どころ(と思われるところ)を大きく2つに分けてみました。

1:春の植物この時期の東京港野鳥公園では、来園者の皆さんの歩くスピードが遅くなる傾向があります。
というのも、足元を見渡すと、春が一面に広がっているからです。
家の周りでよく見るような小さい草花から、あまり見かけないような草花まで
たくさんあります。
この週末は、普段は入ることのできない自然保護区で、いろいろな草花を
見つけてみるなんて、どうでしょう?

2:去り行く冬鳥、ようこそ夏鳥
この時期の東京港野鳥公園では、去り行く冬鳥たちと南方からやってきた夏鳥たちを
同時に観察することができます。
去り行く冬鳥たちの代表格はカモのなかま。そろそろ見納めとなると思われます。
南方からやってくる夏鳥には、ツバメのなかまなどがいます。
先日当ブログで紹介した「コチドリ」も観察できるかもしれません。


受付は、当日の12時45分から、ネイチャーセンター2Fで。
先着40名の定員制となっています。

みなさまのご参加を、お待ちしております。
posted by 東京港グリーンボランティア at 13:23| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 潮入りぐるっと観察会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月19日

フクロウあらわる

2月13日に行われた潮入りぐるっと観察会では、多くの野鳥を観察することができました。

その野鳥たちの中でも、ひときわ参加された皆さま、そして我々スタッフが眼を奪われた野鳥は「フクロウ」です。

東観察広場の向かい側の木にたたずんでいました。木の上には、物珍しそうな目でハシブトガラスがフクロウを見ていた姿が印象的でした。隣の木には、野鳥公園の人気者のオオタカが2羽たたずんでいたのですが、この日はフクロウに主役をとられた形となっていました。また、フクロウは、野鳥公園で初めて観察された野鳥でもありました。

また、前浜干潟ではカンムリカイツブリも観察することができました。観察会の時間内で、3羽のカンムリカイツブリの存在を確認することができました。白くて長い首と、茶色いカンムリをかぶせたような優雅な姿が見る人の目をひきつける野鳥です。

なお、東観察池と前浜干潟の様子は、東京港グリーンボランティアのホームページからも見ることができます。詳しくは、活動場所紹介のページまでどうぞ。

次回の開催は、3月13日の日曜日になります。何が現れるかワカラナイのが自然観察の面白さです!皆さまのお越しをお待ちしています!
posted by 東京港グリーンボランティア at 02:08| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 潮入りぐるっと観察会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする