2015年05月23日

【2015年5月9日】ヒナのバンディング調査を行いました。

この日は、巣箱ファンクラブの行事の一環としてい
バンディング調査を行いました。

※本来は、5月2日に予定していましたが、
ヒナの成長が遅くバンディングできる状態になっていなかったので、
1週間延期しての実施になりました。

バンディングは孵化後7日〜14日をめどに実施していますが、
成長が遅く14日目と17日目で実施しました。

もしかしたら、エサが不足していたのかもしれません。

巣箱ファンクラブの活動開始から14年がたちますが、
今回のようなケースは初めてだったので、
少しビックリしました。

では、行事の様子を♪

まずは、バンディングの説明を。
この日の参加者(5家族13名)が、真剣に説明を聞いていました。
20150509_01.jpg

次に、巣箱にいるヒナを一時回収します。
20150509_02.jpg


そして、バンディングの実施です。
20150509_03.jpg

20150509_04.jpg


バンディングをしてから、ヒナの体重測定も行いました。
袋に入れたのちに、
20150509_05.jpg

体重を計ります。
20150509_06.jpg


以下、「バンディング」についての補足事項を。

バンディングとは、『標識(足環)を取付けること』をいいます。
バンディングは、鳥の移動や寿命調査などに役立ちます。

標識調査を行う人をバンダーといいます。
バンダーは、鳥類の識別について十分な知識を持ち、山階鳥類研究所にバンダーの資格があると
認められた方しかなることができません。

東京港野鳥公園(および東京港グリーンボランティア)では、
2002年より巣箱のモニタリング調査を続け、同時にバンディングも実施しています。
バンダーの方は、もちろん上記に書いた資格を満たしている方です。

posted by 東京港グリーンボランティア at 13:42| 東京 ☀| Comment(0) | 巣箱ファンクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

2005-2006シーズンの巣箱かけ

この日は、グリーンボランティアの主催による「巣箱作りと巣箱かけ」の第2回目が開催されました。

この行事は、「巣箱を通じて不思議な野鳥の生態を調べてみよう!」という目的で行われています。

どんなことをしているか、というのをざっと説明します。

今月は、巣箱を設置するところまで行う。
来年は、巣箱の中を覗いてみて、どんな野鳥が住んでいるのか?といったことなどを調べる。


今回は、前回の行事で作ったオリジナルの巣箱を、東京港野鳥公園にかけることを行いました。

グリーンボランティアのスタッフからの説明のあとで、
巣箱かけに出かけました。
※下の写真は、クリックすると大きくなります。

20051127_s01.jpg


親子そろって脚立によじ登り、慎重に巣箱をつけていました。

※下の写真は、クリックすると大きくなります。

20051127_s03.jpg

まなざしも、真剣そのものです。※下の写真は、クリックすると大きくなります。

20051127_s02.jpg

巣箱の取り付けは、無事に完了しました。
これからは、鳥たちが実際に使うのを待つのみです!

今後の作業は、2006年になってから行われます。

皆さんも、東京港野鳥公園で巣箱を見かける時があったら、
あたたかいまなざしで巣箱を見つけてあげてください!

※ただし、巣箱に近づきすぎると野鳥が警戒してしまうので、あまり巣箱に近づき過ぎないよう、適度な距離で見て下さい♪



巣箱ファンクラブの詳しいことは、グリーンボランティアの巣箱ファンクラブのページにも書いてありますので、ぜひ見てください!

posted by 東京港グリーンボランティア at 23:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 巣箱ファンクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

2005-2006シーズンの巣箱つくり

この日は、グリーンボランティアの主催による「巣箱作りと巣箱かけ」の行事が
開催されました。

この行事は、「巣箱を通じて不思議な野鳥の生態を調べてみよう!」という
目的で行われています。

どんなことをしているか、というのをざっと説明します。


今月は、巣箱を設置するところまで行う。
来年は、巣箱の中を覗いてみて、どんな野鳥が住んでいるのか?といったことなどを調べる。



今回は、各家族でオリジナルの巣箱を作りました。

グリーンボランティアのスタッフからの説明のあとで、
早速巣箱作りを始めました。

巣箱作りの間、自然学習センター内は、「図工室」に早変わりしました。
写真は、そのときの風景です。
※下の写真は、クリックすると大きくなります。

20051113_s03.jpg


のこぎりを使って木を切ったり、
※下の写真は、クリックすると大きくなります。

20051113_s01.jpg

接着剤やトンカチを使って巣箱を組み立てたり。
※下の写真は、クリックすると大きくなります。

20051113_s02.jpg

四苦八苦しながらも?!、巣箱は無事完成しました。

次回、11月27日には、今回作った巣箱を実際に野鳥公園内に設置します。

巣箱ファンクラブの詳しいことは、グリーンボランティアの巣箱ファンクラブのページにも書いてありますので、ぜひ見てください!

posted by 東京港グリーンボランティア at 23:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 巣箱ファンクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月28日

巣箱ファンクラブ本格始動!

P2270322.JPG P2270321.JPG

2月27日、2005年の巣箱ファンクラブの活動が本格始動しました。
この日は、シジュウカラが巣を作るために使用する毛糸を配置しました。
画面左が仕掛けの拡大画像になります。竹の上下に白いものが浮かび上がってると
思いますが、それが毛糸です。

写真のような竹に毛糸をつるしてあります(目を凝らしてみてください!)。
この作業を、グリーンボランティアで行いました!内職みたいでなかなか
面白いですよ。シジュウカラたちは、この毛糸などを使って、
子育てをするための巣を作ります。

なお、この竹はシジュウカラの縄張り調査のためにも使用しますので
園内で見かけてもいたずらしないようにしてくださいね。

詳しいことは、グリーンボランティアの巣箱ファンクラブのページにも
書いてありますので、ぜひ見てください!2005年度の活動予定は近日中に
公開予定ですので、お楽しみに。
posted by 東京港グリーンボランティア at 01:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 巣箱ファンクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする