2012年04月06日

東京バード&スカイフェスティバル2012に参加します!

iphone/image-20120326211208.png

2012年4月21日(土)、22日(日)に、

東京港野鳥公園で、

「東京バード&スカイフェスティバル2012」が開催されます。


イベント中は、東京港野鳥公園の入園料が無料になります(*^。^*)

そして、いろいろなイベントが目白押しです
(おなかがすいたら出店で食欲も満たせます!)。

東京港グリーンボランティアも、以下の3つの活動を実施します。
みなさま、ぜひぜひお越しくださいませ〜。

1.干潟の生き物案内
ネイチャーセンターの地下で干潟の生き物たちの案内をします。
どんな生き物に会えるかは、当日のお楽しみ♪

2.自然生態園の案内
大田区で一番大きな田んぼを案内します!
レンゲの花も咲いてます☆

3.潮入りぐるっと観察会特別版
東京港グリーンボランティア主催の人気観察会
「潮入りぐるっと観察会」が、
今年も東京バード&スカイフェスティバ2012に
やってきます!!!
21日、22日の両日とも開催されます。
posted by 東京港グリーンボランティア at 00:16| 東京 ☀| Comment(0) | 東京バードフェスティバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月26日

【2012年3月14日】東京バードフェスティバルのお知らせ

東京港野鳥公園の入り口に看板が立ちました!


image-20120326211208.png


4月にやることになった東京バードフェスティバルの看板です。

我々東京港グリーンボランティアも頑張るのでぜひぜひいらして下さい!

そこのアナタ!4月21日と22日曜日は予定をあけておいてくださいねっo(^▽^)o
posted by 東京港グリーンボランティア at 21:14| 東京 ☀| Comment(0) | 東京バードフェスティバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

速報:東京バードフェスティバル2010

東京港グリーンボランティアが

東京バードフェスティバル2010の様子を

ささっとお伝えします。


東京港野鳥公園のネイチャーセンター地下1F

ガタガタウォークで生き物の観察案内をしています。

肝心のカニたちは、寒さのために巣穴に引きこもりがちですが

その代わりに展示水槽で生き物の観察案内をしています。

P5290243.JPG



水槽の中は、小さいながらも、

東京港野鳥公園の周りの干潟の様子を表現しています。

こちらは、ボラの稚魚です。

ピンボケしてますが、結構多くのボラが

水槽の中を泳いでいます。

P5290247.JPG


こちらは、ハゼの仲間です。

目立たないので見づらいかもしれませんが、

水槽の底のほうでじーっとしています。

P5290253.JPG


そして、エビの仲間なんかもいます。

透明で存在感が薄いので探しにくいかもですが

頑張って水槽の中を探してみてください!!

P5290268.JPG



東京バードフェスティバル2010は、

2010年5月30日の16時まで開催されます。

お天気は少し怪しいですが、みなさまぜひ

東京港野鳥公園に来てみてくださいね!

posted by 東京港グリーンボランティア at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | 東京バードフェスティバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月23日

2009年5月:東京港バードフェスティバル2009(初日)

この日は、毎年1回、東京港野鳥公園で行われる
お祭り「東京港バードフェスティバル2009」の日でした。

日ごろ、東京港野鳥公園で活動している
東京港グリーンボランティアも
ブースを出させて頂きました。

それと、竹笛作り教室や、ネイチャーセンターでの
干潟の案内等もさせて頂きました。

今回は、その中から
ネイチャーセンターでの、干潟の案内について紹介します。

この日は、ネイチャーセンターの地下1階にある
「ガタガタウォーク」を拠点とし、

*干潟の生き物
*東京港野鳥公園の干潟ができるまで
*東京港野鳥公園に住む野鳥について

などの案内をさせてもらいました。

東京港野鳥公園に住む「陸地のカニ」や、
東京港野鳥公園の前浜干潟に住む「カニや魚たち」を
ガタガタウォーク前の水槽で展示しました。

※写真は、クリックすると大きくなります。
P5233266.JPG


訪れたお客さまには、東京港グリーンボランティアの
スタッフが、生き物の名前や住んでいるところ等を
説明させてもらいました。

午後にはちょっとしたハプニング?!も。
水槽の中にいたカニ(タカノケフサイソガニ)のメスが、
卵をタマゴを孵化させ水中に放出したのです!!

この行動は、満月の夜にはアカテガニというカニがする事が
有名なのですが、
東京港グリーンボランティアでは、
このような行動に立ち会うことはできていませんでした。

ちなみに、カニの仲間は、卵を水中に放出するのではなく
メスのおなかで卵を孵化させてから、卵から孵化したもの
(幼生、と呼びます)を水中に放出します。

これは、見たくても見ることがなかなかできないシーンです。
画面中央あたりに浮いている点々が、カニの幼生です。
※写真は、クリックすると大きくなります。
P5233275.JPG


この日は、気温が高かったことも幸いし、
ガタガタウォークからは多くのトビハゼを見ることができました。
※写真は、クリックすると大きくなります。
P5233263.JPG

そんなトビハゼや、カニたちの姿を見ようと、
ガタガタウォークは人だかりであふれていました。
※写真は、クリックすると大きくなります。
P5233265.JPG

トビハゼは、魚なのに「干潟」に住むのが好きのです。
なので、潮が満ちてくると、巣穴に隠れてしまうのですが、
写真のトビハゼは、なぜか潮が満ちてくるまで
小高くなっているところに必死にしがみついていました(^^ゞ
※写真は、クリックすると大きくなります。
P5233273.JPG


そして、望遠鏡を用意して、干潟に住む野鳥たちの
観察も行いました。
※写真は、クリックすると大きくなります。
P5233270.JPG


東京港バードフェスティバルは、
2009年5月24日(日)まで、東京港野鳥公園で開催していますので
たまたまこれを目にした方は、ぜひぜひご来場ください!!


【追記】
東京バードフェスティバルの様子は、
シンガーソングライター・石川真理子さんのパーソナルサイト
『カシコマリ』でも見ることができます!

『カシコマリ』
posted by 東京港グリーンボランティア at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京バードフェスティバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

東京バードフェスティバル2007に参加しました!

5月19日、20日は、東京港野鳥公園で、東京バードフェスティバル2007が開催されました。

東京港グリーンボランティアも、参加しました。
以下の3つのことを主に行いました。

1;ネイチャーセンター地下1Fで、ガタガタウォークの案内
 ネイチャーセンター地下1Fで、ガタガタウォークの観察ガイドを行いました。
 一見、何もいないように見える干潟ですが、よーく目を凝らしてみると、いろいろな生き物が住んでいます。

 この日によく観察できたのは、チゴガニ、ヤマトオサガニ、アシハラガニ、それにトビハゼでした。
 トビハゼの画像はコチラになります。
 ※下の写真はクリックすると大きくなります。
20070519_01
 
 ガタガタウォークに来られた方は、チゴガニがはさみを振り上げる、かわいらしい姿や、トビハゼが干潟をぴょんぴょん飛び跳ねる姿に釘づけでした。
 ※下の写真はクリックすると大きくなります。
20070519_02


 このようなカメラを備え付けて、ちょっと離れた干潟を観察する、という事も行いました。
 「遠くのものもよく見える」と、参加者の方の評判も上々でした(*^_^*)
 ※下の写真はクリックすると大きくなります。
20070519_03


2;潮入りぐるっと観察会
 毎月第2日曜日に開催している、潮入りぐるっと観察会を、
 いつもより時間を短縮して行いました。
 参加者は、定員いっぱいいっぱいの30名でした。

 普段は入ることのできない自然保護区に入り、
 様々な野鳥や草花、それに干潟の生き物の様子を観察しました。
 写真は、前浜干潟で、干潟の生き物を観察している風景です。
 ※下の写真はクリックすると大きくなります。


3;ブースでの説明
 東京港野鳥公園の干潟をこのように拡大したい!!という案を
 パネルで発表しました。
 ※下の写真はクリックすると大きくなります。
 20070519_04
 
 また、東京港グリーンボランティアの主な活動内容も、パネルで説明しました。
 ※下の写真はクリックすると大きくなります。
 20070519_05

 ブースでは、通りがかった方が、興味深そうにボランティアの説明を
 聞いていた姿が印象的でした。


posted by 東京港グリーンボランティア at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京バードフェスティバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

東京バードフェスティバルに参加しました

東京港野鳥公園で行われた「東京バードフェスティバル」に参加しました。

東京港グリーンボランティアは、「ブースでの活動紹介+竹炭の販売」、「潮入りぐるっと観察会の開催」、「ネイチャーセンター地下1Fにて干潟の紹介」の3つを主に行いました。

これから、くわしい記事は編集いたしますので、今しばらくお待ちください。

取り急ぎ、ネイチャーセンター地下1Fにいたカニ(チゴガニ)の様子の動画をアップしてみました。どんな動きをしているのでしょうか?
なお、動画を使う際には、ご一報をくださるよう、お願いいたします。
ネイチャーセンター下でのチゴガニ

※ちなみにこの動画を見るためには、QuickTimePlayer というソフトが必要です。以下のURLから、ソフトをダウンロードしてみてください。なお、以下のURLについてのご質問は、当ブログでは受け付けかねますので、ご了承ください。

http://www.j-newhouse.com/virtual/QT-setei.htm


posted by 東京港グリーンボランティア at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京バードフェスティバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

2006年東京バードフェスティバルに参加します!

5月13日(土)、14日 (日)には、東京港野鳥公園で年に一回のお祭り『東京バードフェスティバル』が開催されます。

今年も昨年までと同様に、色々な催し物が園内で行われます。いつもの東京港野鳥公園と「ちょっとだけ違う」雰囲気を味わうことができると思いますので、足を運んでみてはいかがでしょうか?みなさまのお越しをお待ちしています(^^♪

詳しくは、コチラをご覧下さい。東京バードフェスティバルの公式サイトとなっています。
http://www.birder.jp/tbf/tbf-top.htm


東京港野鳥公園をフィールドとするNPO法人東京港グリーンボランティアも、ブースを立てます。場所は、ネイチャーセンターそばになりますので、こちらにも足を運んでみて下さい♪

*潮入りぐるっと観察会スペシャル
毎月第2日曜日に行っている「潮入りぐるっと観察会」のダイジェスト版です。今回は、定員30名までとなっています。なお、この行事は整理券が必要になりますので、ご注意ください。
開催日:13日、14日(13:00〜14:30)
集合場所;ネイチャーセンター3F
※整理券は、管理棟にある「インフォメーションセンター」で配布します。10時と12時の計2回に配布する予定です。


*ガタガタウォークでの観察ガイド
ネイチャーセンター地下1Fにある「ガタガタウォーク」で、ガイドをします。ガタガタウォークとはどんなところなのか、どんな生き物たちがいるのか。気になる方もそうでない方も、ぜひぜひ足を運んでください。


*ブースにて
東京港グリーンボランティアのブースで、竹炭を販売する予定です。料金等は行ってみてのお楽しみ(*^_^*)


posted by 東京港グリーンボランティア at 10:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京バードフェスティバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月18日

バードフェスティバル報告(その1)

先日お知らせした、東京バードフェスティバル報告の第1段です。

バードフェスティバル期間中に、グリーンボランティアの行った行事のひとつが「潮入りぐるっと観察会スペシャル」でした。

40名の定員のところに、14日は36名、15日は40名の参加者が集まりました(#^.^#)

まずはじめに、ネイチャーセンターの中から、CCDカメラ(よく見えるカメラ)で潮入りの池にいる鳥たちを観察しました。常連のカワウやアオサギはもちろんのこと、旅鳥の「シギ」や「チドリ」の仲間や、夏鳥の「コアジサシ」などの姿も観察することができました!

そして、前浜干潟に向かうまでに、普段なら高山に咲くはずの「ギンラン」や、「カジイチゴ」(キイチゴの仲間)などをじっくり観察しました。

そして前浜干潟では、カニの仲間や干潟の生き物の観察、「シギ」や「チドリ」や「コアジサシ」の観察、干潟の少し上の土地に生える植物(「チガヤ」や「ヤセウツボ」など)を観察しました。
特にカニは、大人気でした。

特にカニの仲間では、岩をひっくり返すと現れる「ケフサイソガニ」といカニが大人気でした。ケフサイソガニは、参加した子供たちの格好のターゲットになってました(*^_^*) 
砂浜に砂だんご(食べかす)を作る「コメツキガニ」も観察することができました。
また、「ミミズハゼ」というハゼの仲間も観察することができました。

もちろん、野鳥も観察することができました!岩場でエサを探している「シギ」や「チドリ」の仲間も観察することができました。「キョウジョシギ」、「メダイチドリ」、「ハマシギ」、「チュウシャクシギ」などがいました。そして、「コアジサシ」の求愛給餌の瞬間も見ることができました。

最後に夕立に遭ったものの、『野鳥』、『植物』、『干潟の生き物』をたっぷり観察することができました。

次回の潮入りぐるっと観察会は、6月12日(日)に開催予定です。このころには、昆虫なんかもたくさん出てきてると思います。今回参加できなかった方は、ぜひ参加してみてくださいね♪
posted by 東京港グリーンボランティア at 00:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京バードフェスティバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月16日

バードフェスティバル報告(プレビュー)

5月14日と15日は、東京港野鳥公園で「東京バードフェスティバル」が開催されました。この2日間は、いつもの野鳥公園とは打って変わった風景が広がっていました。

望遠鏡メーカーさんや、他の場所で活動されてるNPOの方々のブース、大学で野鳥や自然に携わっているグループのブースなどなど、たくさんのブースが立ち並んでいました。

葛西臨海公園で自然解説業務をされている「生態教育センター」さまのブースや、コアジサシで有名な「リトルターンプロジェクト」さまのブースもありました。

そして、「鳥くん」こと永井真人さんが所属されているNPO「自然のめぐみ教室」のブースもありました。鳥くんもブース内にいました。

グリーンボランティアのブースもちゃんとあったことは言うまでもありません!

そのほかには、日本野鳥の会の柳生博会長(またの名を“生活の句読点”)とズーラシアの方のおはなしや、江戸屋小猫さんのおはなしもありました。

ネイチャーセンターでは、そろそろ見納めになる「シギ」の仲間や、「チドリ」の仲間も勢ぞろいしていました。そして、負けじと「コアジサシ」も潮入りの池で求愛給餌を繰り広げていました。

この2日間で、主に次のような活動をグリーンボランティアは行ってました。
1:ブース内でグリーンボランティアの紹介&竹炭の販売
2:竹細工教室の開催
3:ネイチャーセンター1Fのガタガタウォークの解説
4:潮入りぐるっと観察会の開催
5:ボランティア活動発表会の開催

これから何回かに分けて、活動報告をしてきたいと思います。

posted by 東京港グリーンボランティア at 23:00| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(2) | 東京バードフェスティバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする