2010年08月14日

2010年8月14日:「フジツボの子供を見てみよう」第2回目を行いました!

この日は、フジツボの観察会

「フジツボの子供を見てみよう」の第2回目が行いました。

第1回目(2010年8月6日)には、

フジツボの子供を観察するためのしかけを作りました。


第2回目となる今回は、

午前中に、フジツボのことなら何でも知っている、

千葉大大学院教授の山口寿之教授による「フジツボ講演会」を

行いました。フジツボの知られざる事をたくさん聞くことが

できました。

※下の画像は、クリックすると大きくなります。

P8140521.JPG


午後は、フジツボの観察を行いました。

まずは、前浜干潟で「大人の」フジツボを観察しました。

※下の画像は、クリックすると大きくなります。

P8140528.JPG

普段は間違いなく見逃してしまう干潟にも

フジツボがみっしりくっついている姿を観察することができました。

「まさかこんな小さな岩にも、びっちりついているとは!」と

いう感じでした。

写真は、アメリカフジツボにくっついている、シロスジフジツボです。

※下の画像は、クリックすると大きくなります。

P8140530.JPG




その次に、お楽しみのフジツボの子供の観察を行いました。

第1回目で作ったしかけを、東京港野鳥公園の潮入りの池から引き上げました。

そして、しかけにくっついたフジツボの子供を

顕微鏡を使ってじっくり観察しました。

小さなフジツボが動いているところは、一見の価値があります。

参加者の皆さんは、驚きの声をあげていました。

※下の画像は、クリックすると大きくなります。

P8140543.JPG


※下の画像は、クリックすると大きくなります。

P8140546.JPG


今回参加できなかった方は、ぜひ来年に参加してみてくださいね!!!




posted by 東京港グリーンボランティア at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | 2010年干潟活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

【レポート】2010年7月19日:クリーンアップ大作戦を行いました!

海の日に、東京港野鳥公園の前浜干潟のゴミ拾い

「クリーンアップ大作戦」を行いました。


2010071910540000.jpg


大学生、中学生、社会人と我々グリーンボランティアの、

総計20人が海岸をきれいにしました。


2010071911390000.jpg


最後にカニの観察もしました。

東京MXテレビの方も取材に来られていました。

2010071913310000.jpg


posted by 東京港グリーンボランティア at 10:50| 東京 ☀| Comment(0) | 2010年干潟活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

2010年4月29日:干潟の生き物観察会を行いました。

この日は、東京港野鳥公園で

東京港グリーンボランティア主催の観察会、

「干潟の生き物観察会」が行われました。

強風という思わぬ敵?に見舞われましたが

参加者は、ここ数年で最多(!)の35名に達しました。


視聴覚室でオリエンテーションを行った後で

さっそく前浜干潟へ向かいました。

前浜干潟で軽く説明をしたあとで
※画像はクリックすると大きくなります。
P4290091.JPG



楽しい干潟の時間のスタート!!!

いろいろな生き物を観察できました。
※画像はクリックすると大きくなります。
P4290104.JPG



普段はそんなに見かけることの多くない

テッポウエビも見ることができました。

これは、シオフキガイ サビシラトリガイ
貝からはみ出した水管をしっかり撮ることができました。
ここ数年間、東京港野鳥公園では見ることのできなかった貝なだけに
ちょっとビックリでした。
※画像はクリックすると大きくなります。
P4290105.JPG

また、普段より大きなソトオリガイやイソガニ、

それに砂地ではコメツキガニも見つけることができました。


少しにわか雨に見舞われることもありましたが

無事に観察会を終えることができました!


※東京港野鳥公園の前浜干潟は自然保護区であるため
 魚貝類の採集はもちろん侵入すら禁止されています。

 
posted by 東京港グリーンボランティア at 23:30| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 2010年干潟活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

2010年4月17日:こども干潟観察会を行いました。

この日は、東京港野鳥公園で

東京港グリーンボランティア主催の観察会、

「干潟の生き物観察会」が行われました。

早朝までの豪雨、この時期とは思えぬ低温という

悪条件になりましたが、10名の方が参加してくれました。

視聴覚室でオリエンテーションを行った後で

さっそく前浜干潟へ向かいました。

干潟の生き物が出てくるのかどうか、というところは

スタッフもとても心配していたのですが

そんな心配は必要ありませんでした。

水面ではマメコブシガニが前に向かって

てくてく歩いていました。

※画像はクリックすると大きくなります。
P4170067.JPG


そして、干潟を掘ってみるとソトオリガイやマテガイといった

おなじみの面々と出会うことができました。

※画像はクリックすると大きくなります。
P4170063.JPG


干潟の石の裏では

ミミズハゼやアベハゼなども見つけることができました。

そして、最近増加傾向にある(気がする)イボニシガイも

しっかりと見つけることができました。

寒かったものの、干潟の生き物のおかげで

参加者の皆さまもしっかり満足することができました☆

P4170060.JPG



※東京港野鳥公園の前浜干潟は自然保護区であるため
 魚貝類の採集はもちろん侵入すら禁止されています。

posted by 東京港グリーンボランティア at 23:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年干潟活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

2010年4月:干潟勉強会を行いました!

この日は、グリーンボランティア内での

干潟勉強会の日でした。

春を迎えて、干潟もシーズンインまで秒読み段階です。

風が冷たかったために、

少し水温が冷たく感じる時もあったのですが、

生き物たちはしっかりと活動を開始していました。


こういう場所に落ちている石をひっくり返してみると、、、
※下の画像は、クリックすると大きくなります。
P4030003.JPG


一見ミミズみたいに見える生き物がでてきました。
※下の画像は、クリックすると大きくなります。
P4030006.JPG

「ミミズハゼ」というハゼの仲間です。


それと、カニの仲間たちも活動を開始していました。
※下の画像は、クリックすると大きくなります。
P4030018.JPG

これは、「イソガニ」というカニです。
東京港野鳥公園では、比較的大きな個体がよく見られるのですが、
この日は、小さなイソガニもよくいました。
もしかしたら、今までは見逃していたのかもしれません。


そして、水中には、こんなカニもいました。
※下の画像は、クリックすると大きくなります。
P4030010.JPG

これは、「マメコブシガニ」というカニです。
カニのくせして、横には進めず前方に進むことで有名なカニです。

写真には載せていませんが、石が広がっているエリアの主役である
「タカノケフサイソガニ」たちも動き始めています。

砂っぽい干潟に移動すると
こういう貝の仲間もいました。
※下の画像は、クリックすると大きくなります。
P4030022.JPG

これは、「マテガイ」という貝です。


水の中には、エビの子供たちもいました。
※下の画像は、クリックすると大きくなります。
P4030025.JPG

ただ、残念なことに
立入禁止区域にもかかわらず、貝類を乱獲している侵入者も
みつけてしまいました。
※下の画像は、クリックすると大きくなります。
P4030020.JPG

そして、干潟にはルアーもいくつか落ちていました。
干潟にやってくる野鳥や人間たちにとって、
とても危険なものです。
下の画像の左下あたりの光っているものが
ルアーの先端になります。
※下の画像は、クリックすると大きくなります。
P4030015.JPG

という具合で、ご紹介できたのは
ほんの数分の一です。

4月5月は、東京港グリーンボランティアによる
干潟の観察会も数回開催されるので
よろしかったら東京港野鳥公園のホームページもチェックしてみてください!
posted by 東京港グリーンボランティア at 23:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年干潟活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする