"自然情報"の記事一覧

2021-03-10:オドリコソウが咲き始めています。

東京港野鳥公園の自然生態園(いわゆる里山)のひとコマです。 遠くから撮ったので多少分かりづらいと思うのですが、 画面上には黄色い花(ナノハナ)が見えています。 そして、畑の脇にも紫の花が見えています。(すごく小さいので、吹き出しをつけてみました) この紫の花は、オドリコソウという花になります。 3月くらいから咲き始…

続きを読むread more

東京港野鳥公園のセミたち

まずはコチラから。 東京港野鳥公園の外のU字溝で見つけたアブラゼミです。 羽化したてのようで、色がまだ薄い感じでした。 こちらは、ニイニイゼミの抜け殻。 泥をかぶっていることで知られています。 アブラゼミなどの抜け殻よりも、少し小さめのサイズです。 東京港野鳥公園には、ミンミンゼミやクマゼミもいます。…

続きを読むread more

【2014年10月12日】2014年度の田んぼクラブ(第6回目)を行いました!

この日は、うす曇りの下で田んぼクラブ第6回目「脱穀」を行いました。 台風直撃の恐れもあり天候がとっても心配されたのですが、 台風19号の進み具合が若干遅くなったこともあり 行事を無事に行うことができました (田んぼクラブは年間公募行事です)。 行事は、行事参加親子19家族51名、レンジャー3名、埠頭株式会社3名、 そ…

続きを読むread more

2014年5月5日(子供の日)の東京港野鳥公園里山情報です!

2014年5月5日(子供の日)の東京港野鳥公園里山情報です。 最初に先週の苗代です(苗代は水面より出ています)。 東京港野鳥公園の田んぼの苗代は、折衷苗代です。 図のように、種まきより発芽が完了するまで、苗代は発芽を良くするのと 酸素不足を防ぐため水面より1~2cm高くしています。 ある程度…

続きを読むread more

東京港野鳥公園、GW前の自然情報です!

2014年4月27日の、東京港野鳥公園里山情報です。 まずは、種まきから2週間が過ぎた苗代の様子から。 苗代をよーく見てください。薄っすらと青くなっているのが見えます。 もう少し近づいてみましょう。芽がビッシリ生えているのが見えます。 今年は例年にも増して発芽が良いのが分かります。これからが楽しみです。(…

続きを読むread more

【レポート】2011年9月8日:東京港野鳥公園での国際ワークキャンプ(3)

作業に参加してくれた皆さんは、しっかりと自分たちの役割を果たしてくれました。 土を掘り、掘った土を車で運び、車に乗せた土を捨てる作業です。これがかなりの重労働なのです。。 ちなみに車というのはネコと言われる一輪車ですのであしからず。 作業が終わると、ヨシの草むらの間から池を覗く事ができるようになりました。

続きを読むread more

【レポート】2011年9月1日;東京港野鳥公園での国際ワークキャンプ(2)

台風12号が近づいていましたが、雨にはならなかったので作業を行うことができました。 作業内容は、クズが生い茂る草むらの草刈りです。ずいぶんとはかどりました。 作業しているといろんな生き物が出てきました。 カエルは逃げるのでお尻しか写っていませんf^_^; アメリカザリガニは元気いっぱいです。

続きを読むread more